忍者ブログ
[7] [6] [5] [4] [3] [2] [1] [51] [50] [49] [48]

DATE : 2017/12/12 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2009/01/12 (Mon)
大腸がんの名医

がん幹細胞は、腫瘍組織を構成する全ての種類のがん細胞に分化することができます。このプロセスは、一応、元に戻らない、つまり分化したがん細胞が、がん幹細胞に戻ることはないと考えられています。 また、一旦、分化したがん細胞は、他の種類のがん細胞に変化することもない、と考えられています。つまり、大きな腫瘍組織を構成できるのは、がん幹細胞だけ、ということになります。いくら、増殖能力の高いがん細胞を叩いても、親玉のがん幹細胞が生き残れば、再発しますし、移動して、他の場所に生着すれば、転移が成立してしまいます。悪いことに、がん幹細胞は、放射線や、化学療法剤で、悪性度が増すと考えられ、下手な治療は、予後を却って悪くする、という、これまで経験上、知られて傾向に対する、科学的な裏付けの一つが、明らかになってきました。

大腸がんの名医
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
がん保険
まずは資料請求!(無料)
 ↓クリック↓


*各保険会社からお好きな資料を一括請求!
*医療保険・がん保険はアフラック!
おすすめ優良情報
ブログランキング
ブログランキング参加中!
クリック、ポチットお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ