忍者ブログ
[12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2]

DATE : 2017/12/12 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2009/02/03 (Tue)
がんには痛み以外にもさまざまな症状が出ることがあります。肺がんの場合の「せきや息切れ」、食道がんの場合の「食べ物ののみ込みにくさ」などは、その症状の代表であり、このような症状に対しても、原因を調べて、きちんと対応することが必要です。 たとえば吐き気といっても、抗がん剤の副作用によるものや、病気により胃腸の動きが悪くなって出る場合もあります。じっとしているときでも吐き気を感じる場合や、体を動かした時に限って起こる場合もあります。「何が原因か?」「どんな時に起こるのか?」を専門的な視点で分析し、対応策を検討する必要があります。 腸閉塞(へいそく)を起こしそうになった時は、以前はイレウス管という長い管を入れてたまった腸液を外に捨てる治療が中心でしたが、管を入れっぱなしにするため患者の苦痛は大きいものでした。しかし、最近腸液の分泌を抑える注射薬が開発されて、イレウス管を使うことは減りました。 また、食道や気管が狭くなったときは、ステントと呼ばれる金属の輪を内視鏡を使って入れることで、食事や呼吸が楽になります。さらに、痛い時によく使われるモルヒネをごく少量投与すると、呼吸が楽に感じられることもわかってきています。
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
がん保険
まずは資料請求!(無料)
 ↓クリック↓


*各保険会社からお好きな資料を一括請求!
*医療保険・がん保険はアフラック!
おすすめ優良情報
ブログランキング
ブログランキング参加中!
クリック、ポチットお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ